2024.03.01

販路拡大

驚くほど刺さる!提案書作成のポイント

 
ビジネスの成功において、提案書は重要なツールの一つです。
お客様を引き込み、契約に結び付けるためには、効果的な提案書の作成が欠かせません。

本記事では、相手に刺さりやすい提案書の作り方のポイントについてご紹介します。

前提としての心構え

営業の本質とは、相手の課題を理解し、その解決策を提供することにあります。対立する相手を説得したり論破したりするのではなく、双方Win-Winの関係を構築することが成功の鍵となります。

そのため、一時の成功や短期的な利益だけを追求するのではなく、お客様との信頼関係を築き、持続可能なビジネスを確立することが重要です。それには、お客様の課題やニーズを理解し、それに適した解決策を提供することが求められます。

画一的な提案ではなく、お客様特有の価値を強調するよう心掛けるとより魅力的な提案に見えることでしょう。

提案書作成の際の5つのポイント

主なポイントは以下の5点です。

  1. 簡潔で明快な構成にする
    冗長な表現や複雑な構造は避け、明快なメッセージを伝えることに重点を置きましょう。見出しや箇条書きを活用して情報を整理し、見る相手にとって分かりやすい形にしましょう。また1スライドあたりのメッセージもひとつだけになっているとより伝わりやすくなります。
  2. 提案概要は冒頭にまとめる
    提案書の冒頭には概要を配置しましょう。最初の数ページで提案の要点と利点を的確に伝え、見る相手の興味を引きつけます。概要が魅力的であるほど、お客さまは最後まで集中して提案を聞きやすくなります。
  3. 説得力のあるグラフや画像で視覚に訴える
    文章だけでなく、説得力のある視覚的要素を積極的に取り入れましょう。グラフ、チャート、写真、図などを活用して情報を視覚的に表現することで、提案の理解が深まります。ただし、多用しすぎると逆効果のため注意が必要です。
  4. 費用対効果を強調する
    「売上〇〇円UP」「コスト〇〇%削減」のように効果を強調しましょう。投資に対する見返りや期待できるメリットを具体的に示すことで、提案の魅力を高めます。
  5. 他のお客様の事例を載せる
    他のお客様の成功事例を引用し追体験することで、提案の信頼性を高めることができます。同業他社や同様の課題を抱えた企業がどのように提案に応じたかを具体的に示し、安心感を与えましょう。

基本的な提案書の構成例

参考までに構成例と要素を以下にご案内します。

あくまで一例ですので、ぜひ貴社ならではの提案書を作ってみてください。

  1. 表紙
    • 提案のタイトル
    • 会社名やロゴ
  2. 目次
    • 提案書の構成を簡潔に示す
  3. 提案概要
    • 商品やサービスの概要
    • 提案の主要な特長や利点を強調
  4. お客様の課題
    • 製品やサービスが解決する課題やニーズの明確な説明
    • その背景や市場の状況に関するデータ
  5. 商品やサービスの詳細
    • 製品やサービスの特長や利点の詳細な説明
    • 仕様、機能、利用方法の具体的な説明
  6. お客様への提供価値
    • お客様にもたらす価値や利点の強調
    • 解決策としての商品やサービスの重要性の説明
  7. お客様の事例
    • お客様の成功事例紹介
    • 提案商品やサービスの導入前後の比較
    • 成果や効果に関する数値データやフィードバック
  8. 費用対効果の明示
    • 提案実行後の見込まれる成果や効果についての予測
  9. 今後のスケジュールのご案内
    • 導入スケジュール、予算、リソースの配分に関する詳細
  10. 最後に
    • 提案の要点のまとめ
    • お問い合わせ先の提示

終わりに

いかがでしたか?

提案書は、企業のイメージ形成やビジネスの成功に直結する要素です。ご紹介したポイントを組み合わせて、提案書を強力な営業ツールに仕立て上げましょう。
 

最後までお読みいただきありがとうございました。

最後に、本記事をお読みいただき提案書を作成しようという方に向けて、

提案書のテンプレートをご用意しました。

よろしければ是非資料ダウンロードしてみてください。